最後のマイウェイ

2013-07-22

最後のマイウェイ

 

映画最後のマイウェイを見ました

予告編を見てからずっと気になっていて見たかったんです

放漫で、女好き。嫉妬深く、神経質。けれど私たちはあなたを愛した。

と言うキャッチコピーも耳に残りました。

感想は観てよかった!
長めの映画ですがあっという間でした。歌っているシーンもあったからかな。

マイウェイと言えば有名な曲ですが
なんとなくおじさんがカラオケでよく歌う曲、と言う位置づけでした。

でもこの映画を観たら見方が変わりました。

スーパースターでありながら劣等感の固まりで
いつも寂しそうに見える主人公。

取り巻きもたくさんいるし、たくさんファンもいるのにいつもなんだか寂しそう。
不安といつも戦いながらそれを隠すかのようにわがままに振る舞う姿はなんだか切なくなりました。

でも人間の本質ってこういうものじゃないかなと思いました。
どんなにうまくいってそうで他人から憧れられる人であればあるほどその地位を保つのが大変で不安も大きくなる。
失うものが多いからでしょうか。

マイウェイがフランスで生まれたと言うのもこの映画を観るまでは知りませんでした。
とても素敵な映画でした